就職実績・サポート

就職実績

就職実績(抜粋)

映像業界の就職に必要不可欠な「実績」と「人脈」は現場参加によって得られます。

とても難しく感じられるかもしれませんが、UTB映像アカデミーでの就職活動=とにかく現場に参加すること!なのです。そんなに気難しく構える必要はありません。

そうやってそれぞれに培った「実績」と「人脈」を駆使し、毎年多数の学生が映像業界へ羽ばたいていっています。

卒業生紹介

生きる上で必要な人間力も養われた

小林修平(21歳 入学前:フリーター)
㈱ドワンゴ(ニコニコ事業本部)

UTBの最大の特徴であり魅力、それは実際の撮影現場に参加して経験を積めることです。とにかく好きであることと、経験を重ねることが成長への最短経路だと確信しています。同じ志を持つ仲間がいるので、互いに高めあい切磋琢磨できる素晴らしい環境もあります。

映像業界での活躍を目指す学生に対して、UTBは絶好の機会と環境を与えてくれます。私はこの一年間を通じて、生きる上で必要な人間力も養われた気がします。映像に限らず、誰かを楽しませたり感動をあたえられる存在に成れるよう精進したいと思います。

在学中の失敗や辛い経験は、就職後自分の財産になる

東 達哉(24歳 入学前:会社員)
㈱ジーズコーポレーション(制作・演出)

入学前は化学工場に勤務していましたが、小さい頃から憧れていた映像業界で働きたいと思い、UTBに入学し、テレビ番組の制作会社に就職することができました。UTBでは、色々な事を学び経験することができました。

色々な経験を積む中で、失敗や辛い経験をする事も有りましたが、就職してからその経験が自分の財産になっていると感じています。これからもUTBで学んだことを糧に頑張っていきたいと思います。

仕事の楽しさを知れた!

斎藤 謙(20歳 入学前:フリーター)
㈱マジックハンド(照明助手)

照明の仕事をしていて楽しいことは、やりたかった映画やPV、CMの仕事に携われるということと、プロの照明技師さんのライティングを見て、教えてもらって勉強できるということです!学校や現場に行くまで照明の役割を理解できていませんでしたが、その役割は大きく、女優さんを綺麗に写したり、太陽光を表現したり、ライティングで表現できることは無数にあることを知りました!

辛いことも、寝れないこともあります!でもそれ以上に撮影現場は楽しいです!時間もあっという間です!照明の楽しさを知ることができてよかったです。

自分が一番夢中になれる仕事に出会えた

吉永 徹(29歳 入学前:会社員)
㈱TSPエンジニアリング(撮影助手)

当初はPVのディレクターを目指してUTBに入学しましたが、実習や自主制作でカメラを回したり、 照明助手としてプロの現場を経験するうちに、技術の仕事をしたいと思うようになりました。UTBはコース分けされていないので、映像制作全般の勉強が出来ます。

また、制作・撮影・照明・編集・美術等、様々な現場で仕事をする機会があります。自分が一番夢中になれる仕事に、活気溢れる学校とプロの現場で出会いました。


辰馬成拓(23歳 入学前:大学生)
㈱マーベル(アシスタントディレクター)

勤労は国民の義務ですが、僕は、仕事を楽しみたいと思いました。元々、テレビに救われた人間でした。だから、テレビで誰かを救える人間になりたい、テレビって面白いから楽しいだろうと考えたのがこの業界に進んだ理由でした。

この業界に入って日も浅いですが、どれだけ楽しめるかはどれだけ苦しむ覚悟が出来ているかだと思います。覚悟がないなら文句を言う資格はない、中途半端な気持ちでこの業界で生きていくのは無理だと思います。

今はどれだけ楽しめるか、ばしゃ馬の用に働くのみだと思って頑張っています。あ~、テレビって楽しい!!!でも、苦しいや(笑)


桑原秀綱(23歳 入学前:会社員)
東映㈱デジタルセンター(MA)
【相棒 THE MOVIEなど、東映映画全般】

舞台音響の仕事をしていましたが、映画の音に興味を持ち始め、思い切って仕事を辞めてUTBに入学しました。在学中、様々な現場や作品で録音・MAとして携わる機会をもらい、現場は想像以上に大変でしたが、これを仕事にしたいという気持ちが更に強くなりました。講師からの勧めもあり、思い切って東映の入社試験を受験し、見事合格することができました。卒業後はUTBで経験したことを活かせていけるように頑張っていきたいと思います。


松葉瀬 洋(25歳 入学前:会社員)
㈱ジーズ・コーポレーション(演出・制作 アシスタントディレクター)
【TV番組、VP、PVなどの制作】

入学前は映像と全く関係のない仕事をしていたのですが、昔から憧れていた映像業界への転職を考え、プチ・クリエイターコースに入学しました。仕事を続けながら3ヶ月映像制作の流れを学んだのですが、より深く映像を学びたいと思い、ジョブトレーニングコースに進学しました。

現在は学校から紹介を受けたテレビ番組の制作会社で研修を受けています。まだまだこれからが大事な時期ですが、映像業界で働くきっかけを与えてくれたUTBに感謝しています。


小金義志(22歳 入学前:フリーター)
㈱オンザラン(制作 アシスタントディレクター)
【日テレ「競馬中継特番」BS日テレ「フル回転!」などの制作】

入学前はフリーターで、映像業界のことは何も知らない未経験者でしたが、UTBで実際のプロの現場で働き経験を積んでいく最中、教務の方から制作会社を紹介され見事業界に入ることができました。

初めは遠く感じた映像業界でしたが、一年間を通して本当に大事なのは、実は単純で初歩的な人間力だったということに気付きました。

皆さんも映像業界に興味があるならば、騙されたと思ってUTBに入学してみてください。


市川智徳(24歳 入学前:大学生)
㈱CWV 制作
【日テレ系情報番組 「真相報道バンキシャ」「NEWS ZERO」「リアルタイム」などの特集コーナー】

就職活動で助かったことは、面接で他の人にはない経験を話せたことです。僕の場合は、M-1グランプリに出場し一回戦突破を果たした経験を話し、評価をいただきました。UTBでの一年間を通じ自分だけの経験を作り、就職に繋げてほしいと思います。


奥村裕也(26歳 入学前:OA機器の営業(お金貯めるために工場))
㈱スーパー・ブレーン デジタルコンテンツ制作
【ためしてガッテン、MUSIC JAPAN、のど自慢、爆笑オンエアバトルなど】

私は以前、映像とは全く関係のない会社に勤めていましたが、どうしても映像制作に携わる仕事がしたくて会社を辞めて、お金を貯め、UTBに入学しました。

最初は、この所の不況のこともあり、本当に就職できるのか不安でした。 が、UTBで培った現場の経験や、親身になって相談にのってくれる先生や教務スタッフの協力のおかげで無事就職できました。

この業界、やる気さえあれば仕事はいくらでもあります。頑張っていれば、誰かがきっと見ていてくれます。UTBはそんなことを学べる所です。


中條元太(26歳 入学前:フリーター)
㈱ドワンゴ 携帯電話コンテンツ制作、動画コンテンツサイト運営
【各種着うた配信、「ニコニコ動画」運営など】

僕は自主制作した作品が会社の目に留まり内定を得たのですが、その動画は一日で撮影し、二日で編集して完成させました。このようなフットワークの軽い自主制作を行える環境とクラスメートがいる事はUTBの特色であると思いますし、その過程で培う各自の分野に合ったスキルアップが就職に繋がると思います。


吉田愛(25歳 入学前:電子部品製造業(事務・分析))
㈱スリースター カメラアシスタント
【さまぁ~ず×さまぁ~ず、やべっちFC、やじうまプラス、など撮影】

映像業界に本当に就職できるか不安なまま前職を辞めてUTBに入学しましたが、UTBで色んな現場に参加した実績のお陰で無事就職できたと思います。 将来に迷ってるあなた、実際に行動にうつせば必ず何か得られるので、後悔しないよう思うがままチャレンジしよう!


馬場康督(23歳 入学前:大学生)
㈱東阪企画 アシスタントディレクター(AD)
【ズームインスーパー、おもいっきりDON、バースデイなど制作】

僕はUTBに入学する際、一番不安だったのが就職できるかどうかということでした。大学生時代にも就職活動を経験しているので、就職活動の難しさや不安は持っていました。

でも実際に就職活動をしてみると、大学生時代に苦労していた自己PRではUTBで経験したプロの現場のことや作品制作などについて話すことができ、面接には自信を持って受けることができました。 UTBで経験してきたことが実際映像業界で働いている人達にも評価してもらえたのだと思います。


大竹麻奈(23歳 入学前:留学生)
Ramble Bee アシスタントディレクター(AD)
【弾丸トラベラー、やりすぎコージー、ウチくる!?、和風総本家、おもいっきりDONなど制作】

とにかく1年過ぎるのが早かったです!!が、学べることが山ほど詰まっていました。私は現場に数多く行き現場経験を増やし、履歴書を何通も送ったりしたりして就職することができたので、私なりに感じたことはやったもん勝ちでした。

チャンスはいくつも転がっていると思うので、それを自分のものにするもしないも、自分次第だと思います。


鹿子木直美(23歳 入学前:大学生)
㈱リクリ 編集オペレータ
【『嫌われ松子の一生』『パコと魔法の絵本』『腑抜けどもかなしみの愛をみせろ』CM…ダイハツ ミラココア、モスバーガーなど】

私は入学してまだ間もない6月から約3ヶ月の間、助監督として映画の制作に参加しました。学校の行事と時期が被っていたため、最初は現場に行くかとても悩みました。しかし、思い切って現場に行ったことで、自分のやりたいことが明確になり、今の仕事に焦点を絞ることができたように思います。

これからは一日でも早く一人前の編集者になって、また映画の制作に関わりたいです。

主な就職実績の一覧(抜粋)

このページの先頭に戻る イベントカレンダー 資料請求

20周年
UTB映像アカデミーより 大切なお知らせ

株式会社ESP/UTB映像アカデミーは開校20年目を節目に閉校すると同時に【TMS東京映画映像学校】として新たに生まれ変わりました。
今までのように「UTB ハリウッド」とも連携しグローバルな展開を目指します。

TMS東京映画映像学校