就職実績・サポート

OB/OG・現役生からのメッセージ

OB/OGからのメッセージ

『働く筋肉』UTBジョブトレーニングで成果がでました。

現場にでてみて初めて分かる自分自身の「働く筋肉」。
プロになった今だから分かる、UTBジョブトレーニングの利点を先輩に聞きました。

業界のリアルを教えてくれるUTB!!

吉野 司(映像編集)
テレビ朝日系列「素敵な宇宙船地球号」等多数

UTBに入った経緯として、実は、僕一度他の映像学校に入学してるんですね。そこは良くも悪くも「学校」だったんで、本当のリアルを教えてくれなかったんですが、たまたまUTBを知って、「ここならおもしろそうだな」と思い入学を決めました。ほんとにクライアントがいる撮影現場に連れていかれるのでビックリしましたが、今思うとああしないと何も勉強できないし、業界のことをお金の面まで含めて、学生のうちから少しでも知れたのが良かったですね。就職はスタッフの方からの紹介です。この業界はやったもん勝ちだと思います。1つ1つの出会いが後々どう変化するかわかりません。人との出会いは大切にした方がいいと本当に思いました。

他の学校とは絶対違うUTBジョブトレ!

深井 理恵(制作デスク)
株式会社MATSURI

UTBは普通の学校ではありません。現場参加がとにかく多く、授業についていけなくなるのではと心配でしたが、実際は座学の授業より現場で学ぶ事の方が多かったですね。制作実習で企画を通すのが大変だったり、撮影・編集期間は超過密スケジュールで、学校に泊まり込んだりとまさにサバイバルでしたが、限られた時間や条件の中で作品を作る厳しさを思い知らされたおかげで、現場で「学生だから」と甘えが許されない辛い時も乗り越える事ができました。そんなことがつながってか、何と高校の時から希望していた制作会社に見事就職!在学中から何度もその会社の現場に参加していたので、入社したばかりなのに社内のほとんどの人が私を知っているというちょっと面白い事になっています(笑)。

サバイバルを生き残れた理由

依岡 由里子(プロデューサー)
株式会社日テレAX-ON

UTBの授業は、初めはわからないことだらけでした。しかし、1年間で何回もジョブロケに参加したり、作品制作を行ったり、座学だけでは味わえない勉強ができました。いくら頑張って覚えようと思っても、自分が実際に触れたり、やってみないとわからないことがたくさんあるんですよね。UTBは撮影現場にたくさん参加できるので、早く身につけることができます。今の私があるのは、1年という短い時間で実力をつけられたUTBのおかげだと思います。UTBで学んだことは、就職後に絶対役立つし、他の学校の卒業生に、何か差をつけられると私は思います。少し忙しい学校生活かもしれませんが、自分のやりたいことや、夢に近づくために頑張ってください。

現役生からのメッセージ

UTBを選んだワケ

UTBのことはUTBで学んでる学生に聞くのが一番早い。実際にUTBで学んでいる先輩学生たちに「UTBのいいところ」や「業界を志望したワケ」などを聞いてみた。元プロスポーツ選手や現役大学生、東京出身・地方出身のプロフィールはさまざまだ(年齢は入学時点)。

「業界・現場はこういう所なんだ」という心構えができる。心理学専攻である点を生かしたい

清瀬和規さん(21歳、新潟県出身、演出志望)/現役大学生

映像業界に興味を持ったきっかけ
 高校時代から映像業界には興味を持っていたんですが、大学3年になって本気で就職というものを意識してから「やっぱり映画を作りたい」と思うようになりました。それで大学3年も終わりが迫ったころ、学校を探してUTBにしました。現場に近いスタンスに惹かれましたね。学費は親から借りていますが、来年から働いて少しずつ返していきたいと思っています。

UTBの感想・いいところ
「映像業界とはこういうところなんだ」「現場ってこうやって進むんだ」というリアルなところが間違いなく分かると思います。中には現場を観てイメージと違って気持ちが変わる人もいるかもしれませんが、たいていの人は心構えができるのではないでしょうか。映像制作に入る前の企画プレゼンなどでは先生から、甘い所を厳しく指摘されるなどして正直ヘコむこともありますけど、学生のうちからそういう経験ができるのはいいことだと思いますね。

希望する職種・業種について
 やはり映画の監督をいつかしたいですね。自分は大学で心理学を専攻しているので、丁寧な心理描写のドラマを撮りたいと思っています。繊細な心情の揺れ動きをリアルに表現できるような監督になりたいです。それを見据えて、撮影や照明などいろいろな部署を経験できるのも助かります。まだまだ知らないことが多いので、現場に行っても授業でも発見することが多い日々です。

「自分の意見が上手く言えるようになった」。毎日やりがいを感じています。

大谷淑美さん(21歳、東京出身・照明希望)/現役大学生

映像業界に興味を持ったきっかけ
 大学は法学部なんですが、ずっと映画が好きで映像に関わる仕事がしたかったんです。それで大学と同時に卒業できるよう、4年生になると同時にUTBに入りました。将来というか当面の目標としては、30歳までに「自分はこの仕事に関わりました」と胸の張れる仕事をすることですね。

UTBの感想・いいところ
生徒にもいろんな年代、いろんなバックグラウンドの人がいるし、先生方は現場で活躍してらっしゃる方ばかりなので、自分の意見や考えをしっかり持って、それを示さなきゃいけないということに気付けたことですね。大学ではそういう議論をすることがあまりなかった。それはやっぱり、ここに居る皆の「作りたい」という気持ちが真剣だからだと思います。大学に入ったのにこうやって映像の学校に来るのって、もしかしたらハードル高いと思われるかもしれませんが、そんなことないと思う。映像業界に行きたいと思ってるなら、来ちゃえばいいと思うんです。

希望する職種・業種について
 入学して初めて行った現場に技術のアシスタントとして行ったんですが、そこにUTBで照明について教えて下さっている先生がいらっしゃって、お話をしてから照明に興味を持ちました。その後、先生の現場に何度もお世話になっています。監督がつくりたい絵、世界観をどうつくるか。いくつものやり方があって正解が分からない中で、試行錯誤して、照明班で考えて作り込んでいく。そもそも映像は「光」があってこそ見えるわけですし、照明の作り方で「絵」はまったく変わります。それが楽しくて、暑くて機材が重くても全然苦になりません。

「地方出身、一人暮らしの身には、1年制は学費面でも助かる」クライアントのある映像制作ができる機会は貴重

長澤優佑さん(24歳、岩手出身、演出希望)/大学卒業生

映像業界に興味を持ったきっかけ
 大学で就活に本格的に入る前に自分がやりたいことを考えました。どうせならやりたいことをやろうと考え、高校時代に演劇をやって演出にも関わっていたこともあって、映像業界で演出の仕事をしたいと思うようになりました。大学は北海道だったので、卒業後は実家に戻って学費をアルバイトでためてUTBに入りました。実家でネット検索をして数校に絞り込んで、上京してUTBと他校を見学した上で決めました。

UTBの感想・いいところ
入学して間もない段階から、クライアント企業のある商品CMの制作をするなど、単に自主制作だけでなく仕事として映像を作る機会があることですね。作りたいものを作るだけでは、腕も上がらないし、プロとしてやっていくことを考えても厳しいですから。その点、UTBは働くためのチカラをつけるということを打ち出していて、現場を踏める機会も本当に多いのがいいと思う。それに1年制であることも僕のような地方出身者には助かりますね。2年、3年とあるとさすがに学費や生活費がかさみますから。

希望する職種・業種について
 やはり映画作りに携わりたいと思います。できれば演出をしたいと思いますが、編集や映像に特殊効果をかけるソフトを触ったりすると、それはそれで楽しいし、自分がやりたいこと、これまで身に着けてきたことと、向いていることが同じかどうか分からないので、正直、迷いもあります。でも今のうちにしっかりと迷って、考えたいと思います。

「UTBは学校じゃない。現場の延長線上にある」映像制作に本気な人にはとてもいいところ

島田延佳さん(27歳、富山出身・エディター志望)/元スノボ選手

映像業界に興味を持ったきっかけ
 スノーボード選手としてメーカーのスポンサードも受けてやっていました。それこそ冬はあちこち雪のある地方を転戦していました。ある時、PRもかねてスノボの映像を撮ることになって、編集した映像を配っていました。せっかく作ったんだから売ってみようということでDVDを販売したら結構売れたことが興味を持ったきっかけです。

UTBの感想・いいところ
学してすぐにいろいろな現場にアシスタントとして行かせてもらって、映像制作の華やかなイメージが覆されましたね。ホント”土方”といえるような、泥臭い、汗まみれの仕事場です。本気でやりたいならとてもいいところだと思う。学校というより現場の延長線上にあると思う。

希望する職種・業種について
 ポスプロでエディターになりたいと思っています。現場行って撮影や制作のアシスタントをやって、それぞれに面白さはありますが、それまでに撮って集められた映像素材が作品としての形になりはじめる、出来上がっていく様を最初に観られるというところに醍醐味を感じるからです。

このページの先頭に戻る イベントカレンダー 資料請求