1年本科 ジョブトレーニングコース

1年で就職できる理由

撮影現場に参加して1年で600件もの仕事と会社と人に出会える環境

UTBジョブトレーニングコースは、映像制作の全ての仕事を、在学中に興味があるだけ体験してもらえる独自のカリキュラムになっています。

プロの現場に在学中からたくさん参加していく

映画・映像業界で就職するために必ず必要になるのは「実績」「人脈」です。「学歴」「才能」「センス」はほとんど必要ありません。

UTBには、年間600件ものプロの撮影現場へのアルバイト依頼が舞い込んできます。
ジャンル、職種、企業、仕事内容…すべて様々です。
皆さんには、その年間600件の中から、自分が参加したいものに参加してもらい、より自分のやりたい事を知り、経験してもらいます。
アルバイト代も出て、普通のインターンとはちょっと違います。在校中から1人のスタッフとして業界に足を突っ込める、ちょっとドキドキな体験です。これをUTBでは「ジョブロケ」と言います。

これを1年間、好きなだけ参加してもらいます。平均10件、多い人で年間50件ほどにもなります。
こうやって様々な職種、企業、仕事、人と実際に経験を積みながら就職に必ず必要になる「実績」「人脈」を手に入れることが出来ます。
1年間であなたは飛躍的に成長するでしょう。

現場参加の魅力

  1. 様々な職種、企業、仕事を経験することができるから、天職に近づく!
  2. 業界人(就職して)1年目で必要なスキルと実績が在学中から身につく!
  3. 職務経歴書に現場参加を記録できるから「経験者」枠で就職できる!

だから、たった1年で自分に合う、
やりたい仕事に就職することができるのです。

1年で就職できる「実績」と「人脈」を身につける

ジョブトレーニングコースカリキュラムについて

映像業界は皆さんが想像しているとおり、離職率が高い業界です。この背景には、就職しても仕事のノウハウを教えてもらえない、多忙な制作現場が一つの要因にあります。つまり、社会人として必要なスキルや、誰もが必要になる「アシスタント業務」を知らずに忙しさに追われ、「自分には向いていない」と早々に諦めてしまうのです。

ジョブトレーニングコースでは、その「アシスタント業務」や社会人として必要な能力をしっかり体得することを重視してカリキュラム構成を行なっています。

一年間でしっかり仕事に直結する社会性・スキルを身につけること、そして「映像業界の仕事」を理解し、継続力を身につけることが、映像業界で働きたいと思っている皆さんと映像業界そのものの向上につながると考えています。

必修科目

企画&プレゼン
(コミュニケーション能力向上)
自分の頭で考え理論を構築し、企画を形にしていく。そしてそれを人にわかりやすく魅力的に伝える力を実践によって養う。
プロデューサー
&アシスタントプロデューサー
プロとしてプロジェクト全体を把握できる視野を養う。また、予算管理や精算なども学び、仕事としてのマネジメント能力を育てる。
撮影&アシスタント カメラマンとしての撮影ノウハウをプロユースの機材を使用し習得する。
録音・照明技師&アシスタント 実技を通して、録音機材・照明機材の基礎技術を習得する。安全で事故のない映像制作を目指すことによりプラスアルファの撮影技術が身に付く。
エディター&アシスタント エディターとしての側面と、編集オペレータとしての側面両視点の実践から、編集する上で必要な視点や考え方、技術を学ぶ。
ビジュアルエフェクト CGソフト「Adobe After Effects」の基礎知識を学び、効果的に使うための視点や考え方、技術を身につける。
PCトレーニング Mac、クリエイティブソフトの基礎と効率的な使い方、映像データの形式やコーデックの知識を学び、PCを映像制作において効果的に使えるようにする。
制作実習 グループワークでの映像制作を通して、企画から完成までの全行程を学ぶ。ワークフローを通して、コミュニケーション能力を身につける。

選択科目

映像演出A・B・C映像制作の現場での用語・画コンテの描き方を習得する中で、監督(ディレクター)としての基礎知識を理解する。その上で、助監督(アシスタント)としての立ち振る舞いが出来るようになる。
ジョブトレーニングコースのカリキュラム

1年で学べる映像テクニック集

映像の理論
  • ▪カメラアングル
  • ▪カメラポジション
  • ▪黄金比
  • ▪パン・チルト
  • ▪スウィッシュ
  • ▪三点照明
  • ▪逆光(シルエット)
  • ▪被写界深度
  • ▪めまいショット
  • ▪イマジナリーライン
  • ▪カットバック
  • ▪モンタージュ理論
表現としての技法
  • ▪ストップモーション
  • ▪早送り・逆回し
  • ▪スロー
  • ▪タイムラプス
  • ▪タイムスライス
  • ▪リップシンク
  • ▪マルチカメラ
  • ▪ワイプ
  • ▪同ポジ
  • ▪モンタージュ
  • ▪プロジェクションマッピング
  • ▪HDR
機材の知識
  • ▪三脚の種類
  • ▪レールドリー
  • ▪スライダー
  • ▪ステディカム
  • ▪シネサポ(リグ)
  • ▪ジブクレーン
  • ▪モーションコントロールカメラ
  • ▪フィルター
  • ▪ドローン撮影
  • ▪アクションカム
    (ウェアラブルカメラ)
  • ▪360度撮影
  • ▪照明の種類
  • ▪マイク・ミキサー
編集技法

FinalCut & Premiere Pro & After Effects

  • ▪カット編集
  • ▪カラーコレクション
  • ▪スタビライズ
  • ▪トラッキング
  • ▪マスク
  • ▪アルファチャンネル
  • ▪グリーンバック
    (クロマキー合成)
  • ▪肌補正
  • ▪ナレーション
  • ▪テロップ
  • ▪モーショングラフィックス
  • ▪アニメーション
  • ▪タイムリマップ
静止画
  • ▪一眼レフカメラ
  • ▪広角レンズ
  • ▪望遠レンズ
  • ▪単焦点レンズ

    Photoshop&Illustrator

  • ▪レタッチ
  • ▪色補正
  • ▪明るさ補正
  • ▪写真合成
  • ▪ロゴ制作
実践の現場
  • ▪映画製作のノウハウ
  • ▪ドラマ制作のノウハウ
  • ▪CM制作のノウハウ
  • ▪PV制作のノウハウ
  • ▪ブツ撮りの方法
  • ▪インタビュー撮影の方法
  • ▪メイキング制作の秘訣
  • ▪予告編集の方法
制作テクニック
  • ▪企画・プレゼン
  • ▪シナリオの書き方
  • ▪画コンテの書き方
  • ▪スケジューリングの仕方
  • ▪ロケハン
  • ▪シナハン
  • ▪予算の割り振り方
  • ▪請求書の作成方法
  • ▪清算の方法
社会人マナー
  • ▪撮影現場での服装と
    身だしなみ
  • ▪業界でよく使われる
    あいさつと言葉づかい
  • ▪電話対応の方法
  • ▪メールでの返信方法
  • ▪報・連・相の重要性
  • ▪来客時の対応マナー
  • ▪宴席での気配り
  • ▪打合せ時のマナー

※ こちらに記載のあるものはあくまでも一般例です。記載のない事柄についても数多く勉強します。

ダブルスクールについて

ジョブトレーニングコースの授業は週5日。1日の授業時間は半日程度ですので、大学の授業と並行して受講することが可能です。
大学に通いながら実際の撮影現場に参加することで、周りの大学生と「実務経験」と「人脈」で圧倒的な差が生まれます。これを活かし、より魅力的な自己PR文が書けるようなると共に、職務経歴書という実績を目に見える形でアピールでき、就職活動をリアルタイムで成功させることができます。

大学生Aさんの1週間はこんな感じ
職務経歴書1
職務経歴書2

めざせる職業

映画・映像業界には、たくさんの職種が存在します。
「映画監督になりたい」「PVディレクターになりたい」など、目標は持っていても具体的にどういった立場の人がどういう仕事をするのか、ということを知っている人はほとんどいません。
UTBジョブトレーニングコースでは実際にその様々な職業を「ジョブロケ」によって体験することができます。「ジョブロケ」を体験することにより、より具体的に自分に合った職業探しが出来るようになります。

制作・演出

映画監督・映画プロデューサー/TV番組ディレクター・TV番組プロデューサー/CMディレクター・CMプロデューサー/PVディレクター・PVプロデューサー・プランナー・シナリオライターなど多種多様な職種が目指せます。

技術

カメラマン・照明・録音・MA・編集技術者・美術スタッフなど多種多様な職種が目指せます。

このページの先頭に戻る イベントカレンダー 資料請求

20周年
UTB映像アカデミーより 大切なお知らせ

株式会社ESP/UTB映像アカデミーは開校20年目を節目に閉校すると同時に【TMS東京映画映像学校】として新たに生まれ変わりました。
今までのように「UTB ハリウッド」とも連携しグローバルな展開を目指します。

TMS東京映画映像学校